グループウェアはマルチデバイスでの運用が可能

社内で作業をするときは、パソコンを使うケースが多いでしょう。
情報をチェックするだけでなく入力作業などもあり、キーボードがあった方が文字入力などは効率的に行えます。
一方で情報入力をタブレットで行った方が便利なケースがあり、その時はタブレットを利用します。
外出先にパソコンを持って行くのが大変なら、スマートフォンで情報をチェックするときもあります。
パソコンやタブレット、スマホなどで仕事をする人が多いです。
グループウェアの中にはいくつかのタイプがあり、パソコンのみのグループウェアもあればマルチデバイスのグループウェアもあります。
パソコンでもタブレットでもスマホでもどのデバイスからもアクセスができます。
社内にいる時はパソコンでアクセスし、社外にいる時はタブレットやスマホからアクセスができます。
社外にいる時に移動時間が無駄になったりするときもありますが、その時間を利用してアクセスすれば、情報の確認などを行うことができます。